本文へ移動

会長あいさつ

一般社団法人兵庫県水質保全センター
会長 九坪 登志彦
 
 このたび、令和元年度定時総会後の新役員による理事会におきまして、引き続き会長に選任されました。
 
 会員並びに行政機関の皆様方におかれましては、平素より、センターの業務運営に対し格別なご支援・ご協力を賜っておりますことを厚く御礼申し上げます。
 
 さて、皆様方もご承知のとおり、兵庫県内の汚水処理人口普及率は、平成29年度末時点で98.8%と全国第2位の高い水準となっておりますが、兵庫県内の既設浄化槽8万2千基のうち、未だに半数近い約3万8千基の単独処理浄化槽が使用されており、生活排水未処理の早期解消を図るため、また公共用水域の水質保全の観点からも、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への速やかな転換が喫緊の課題となっております。
 
 また、社会問題でもある人口減少や高齢化の進展に伴い、汚水処理を取り巻く諸情勢が大きく変化しており、自治体では財政状況を健全化するため、あらゆるインフラの問題も含め地方創生の中での生活排水処理対策をどのように講じていくのかが大きな問題となっております。
 
 そこで、従前よりセンターでは、県・市議会議員・学識者等で構成します「生活排水対策促進協議会」において生活排水処理に関する課題を議論し、県下の市町への情報発信に努めるとともに、一般社団法人全国浄化槽団体連合会と共同歩調を取りながら、自治体や浄化槽管理者の負担が軽減されるような要望活動を展開してまいりました。また、昨年度からは環境省による省エネ型浄化槽システム導入推進事業に係る補助金申請の受付審査業務を受託し、浄化槽を安心して末永くご使用いただくための環境作りに努めているところでございます。
 
 これからの生活排水処理対策においては、優れた性能を持ち、財政にも優しい浄化槽の果たす役割がますます重要になることから、浄化槽の普及推進を通じて森川海の循環力が生み出す恵みを支える町づくりに貢献することがセンターの使命であるとの考えのもと、引き続き各種事業に取り組んでまいる所存でございます。
 
 最後になりますが、会員各位におかれましては、浄化槽の適正な施工、維持管理を通じて県民から地域社会の信頼と期待に応えるようご尽力いただきますよう重ねてお願い申し上げます。
令和元年5月
0
3
8
8
1
4
一般社団法人
兵庫県水質保全センター
〒650-0047
兵庫県神戸市中央区港島南町
3丁目3番8
TEL:078-306-6020 
FAX:078-306-6038
Email:info@hyogo-suishitsu.jp
 
TOPへ戻る